過敏性腸症候群

過敏性腸症候群(IBS)とは

過敏性腸症候群(IBS)とは腹痛や下痢・便秘などが続き、検査を行っても異常がない場合、過敏性腸症候群(IBS)の疑いがあります。主にストレスをきっかけに腹痛や腹部の不快感が起こり、排便すると解消するといった症状から、体質的なものとあきらめている方が多いのですが、治療で改善が見込める病気です。
過敏性腸症候群は、お仕事や学業への影響があるなど、生活に支障を与える症状が繰り返し起こります。市販薬を使うことで症状を悪化させるケースもありますので、できるだけ早く専門医の診察と適切な治療を受けてください。

過敏性腸症候群の症状

過敏性腸症候群というと、突然起こる腹痛と下痢が代表的な症状ですが、便秘を起こすタイプや、下痢と便秘を繰り返すタイプもあります。また、腹部の膨満感があり、無意識におならを漏らしてしまうケースもあります。
なお、睡眠中に症状が現れることはありません。

こんな症状があったら過敏性腸症候群かもしれません

  • 過去3ヶ月で1ヶ月に3日以上、腹痛や腹部不快感が繰り返し起こった
  • 腹痛や腹部の不快感は、排便で改善する
  • 症状がある時には、通常と異なる排便頻度になる
  • コロコロしたウサギの糞のような便が出る
  • ガスが溜まってお腹がはる
  • 症状がある時の便は、通常とは形状が異なる
  • 睡眠中にはこうした症状が起こらない

過敏性腸症候群の原因

はっきりとした原因はまだわかっていませんが、ストレスや腸内細菌、食べ物などによる心因性と、遺伝や粘膜の炎症などの外因性の原因が指摘されており、自律神経の関与もあるとされています。
自律神経は、腸の蠕動運動をコントロールしているため、蠕動運動が活発になり過ぎると下痢、鈍くなり過ぎると便秘を起こします。ストレスや疲れ、緊張などは自律神経に影響を与えるため、それによって症状が起こっていると考えられています。

過敏性腸症候群の検査

過敏性腸症候群の検査過敏性腸症候群の症状は、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性疾患、腸のポリープ・がんなどでも起こることがあります。そのため、診断には大腸カメラ検査が必要になります。当院では、苦しくない無痛大腸カメラ検査を行っておりますので、安心していらしてください。

過敏性腸症候群の治療

下痢を起こすタイプ、便秘を起こすタイプ、下痢と便秘を繰り返すタイプ、膨満感が強いタイプがあり、症状の強さやタイプによって治療方法は変わってきます。当院では患者様のライフスタイルやお考えに合わせた治療を重視しており、薬物療法、漢方治療、食生活や排便習慣などの生活習慣改善の指導などの最適な組み合わせを提供しています。

薬物療法

薬物療法

  • 腸内細菌叢(さいきんそう)を整える薬
  • 腸管の動きや便の硬さを調整する薬
  • 症状が出る前の予兆を感じたら服用して症状を抑える薬
  • 腸の過敏性を改善する薬
  • ストレスによる気持ちの落ち込みや不安を抑える薬

患者様と相談しながら処方するお薬を決めていきます。気になること、ご不安がありましたら、難でも気兼ねなくご質問ください。

漢方治療

漢方治療漢方は、下痢や便秘といったタイプ、冷えやすい・動悸や不安がある・膨満感があるなどにより、効果が期待できる薬が変わってきます。桂枝加芍薬湯は幅広い症状に用いることが可能で、特に膨満感があるタイプに効果が期待できます。便秘が強いタイプには自然に近いお通じに導く桂枝加芍薬大黄湯がおすすめできます。効果の出方に個人差があり、時間をかけて改善していくものですので、気長に続けることが重要です。

生活習慣改善

下痢や便秘といった症状は、食生活や水分補給、排便習慣、睡眠などにも大きく左右されます。そこで、症状に合わせて、生活習慣に関しても具体的なアドバイスをさしあげています。

水分補給

便秘・下痢のタイプにかかわらず、水分補給はとても重要です。しっかり水分をとるようにしてください。ただし、下痢タイプの場合は、冷たい飲み物が刺激となって下痢につながりやすいため、常温か温かいものを飲むようにしてください。

十分な睡眠・規則正しい生活

睡眠不足や不規則な生活はストレスになりますし、自律神経の働きに悪影響を与えます。また、朝日を浴びることは体内時計を正常に戻す作用があるとされています。早寝早起きを心がけてください。

バランスが良く食物繊維豊富な食事

便秘・下痢のタイプにかかわらず、食物繊維を積極的にとることは便通改善に役立ちます。その他の栄養素もバランスよくとって、脂質や刺激物のとり過ぎは避けましょう。3食を決まった時間にとることも腸の働きを正常に戻すためには重要です。

乳酸菌を積極的にとる

腸内細菌のバランスを整えるために、乳酸菌の摂取は役立ちます。ヨーグルトや納豆、漬物などを食事に取り入れてください。

適度な運動

散歩やウォーキング程度の運動を週に3回以上、行うことを習慣づけてください。

排便習慣

少し早起きして、水をしっかり飲んで朝食を食べ、自然な便意が起こったらトイレに行く習慣をつけてください。また、便意があったらできるだけ我慢せず、すぐトイレに行くようにしましょう。トイレではあまり長時間無理にいきまないようにしてください。

控えること

過度な飲酒、脂肪や刺激の強い香辛料の摂取、喫煙は控えてください。

内視鏡サイト